会社設立/株式会社 有限会社 横浜・川崎・神奈川・東京地域対応

| ホーム | サイトマップ |

会社設立ホーム>会社設立の雑記帳

会社設立の手続き専門サイト

通帳のコピー

img_716798_49650714_0.jpg会社設立の際に資本金を設定して入金する必要がありますが、

通帳のコピーに関する質問で、

よくある質問なのでお答えしておきます。

Q:通帳は新しく作る必要がありますか?

A:普段公共料金の引落などでお使いの通帳で結構です。
発起人(出資者)の個人の通帳になります。

Q:ゆうちょでもいいですか?

A:ゆうちょ「銀行」なのでお使いいただけます。

Q:100万円出資しようと考えていて、既に自分の口座に残高が100万円以上あるので、
それをコピーすればいいですか?

A:それは不可です。会社設立に関する出資と認められるためには以下の2点が必要です。

1:日付が定款の作成日以降であること。
2:出資する金額以上の金額が口座にあること。

この2点を役所の担当者はチェックしていますので、ご注意ください。

Q:入金は振込?預入?どちらですればいいですか?

A:預入で結構です。以前は「振込」で名前が出なければ受け付けてもらえませんでしたが、
現在では、誰がいくら出資したことは審査対象になっていないので、「預入」で大丈夫です。

また、複数名で出資される際にも、代表者の口座に「合計額」が入っていればいいので、
 Aさん100万円、Bさん70万円、Cさん30万円の出資の場合には、個別に入金や振込みをする必要がなく、代表者のAさんの口座に取りまとめて預入でOKです!

巷の会社設立本には、必ず「振込」でとかいまだに書いてあるので、ご注意ください。

日時:2011年2月 1日 16:51