会社設立/株式会社設立・合同会社設立 現物出資による資本金の増やし方

| ホーム | サイトマップ |

会社設立ホーム>現物出資

資本金up術

1円の資本金でも可能になりました。
最初は物珍しさで1円で会社設立される方もいましたが、資本金は登記事項で一般に公開される内容です。少ないよりは多い方がいいとは思いませんか?
でも手持ちの現金が少なければそれ以上には出来ないし・・・
このような時に現金だけでなく”モノ”を資本金に充てる方法があります。それが現物出資という方法です。


現物出資という方法

現金は100万円しかないが、社用で使おうと思っている自動車があるとします。これが100万円の価値があるとすれば、現金100万円+モノ100万円の合計200万円とすることが可能です。他にもパソコンなど会社用で使うモノは色々あるのではないでしょうか。もちろん無制限に入れられるわけではないですが、新会社法になってから現物出資が簡単な手続きになりました。使える制度はどんどん利用しましょう。


こういうと時に威力を発揮

建設業の許可を取得する際に、500万円以上という資金要件があります。通常は銀行の残高証明書で500万円あることを証明しますが、現金で500万円用意できなく許可の取得が出来ないという方も多いです。
新規の会社では資本金で500万円あればこの許可要件を満たすことが出来ます。
つまり現金で500万円用意できなくても、現物出資を使って500万円に持っていくことが可能なのです。建設業を行う方であれば車両などがあるはずですね。事務用のパソコンもあるはずです。そのようなものを最大限活用することが秘訣です。
この許可を取得するかしないかでその後の取引に大きな差が出ることは言うまでもありませんね・・・

これはあくまで一例ですので、色々な使い方があるでしょう。

>>まずは、お気軽にご相談ください(相談料・無料)