会社設立/株式会社設立・合同会社設立 現物出資による資本金の増やし方

| ホーム | サイトマップ |

会社設立ホーム>商号について

商号について

商号のつけ方のポイント

商号は会社の名前であり、会社のイメージを表すので慎重に決めましょう。
既に登記されている他社の商号を同じ所在地で登記することは出来ませんが、所在地が違えば同じ商号で登記することは可能です。
しかし同じ市区町村に同じ商号かあるとトラブルの原因になりますし、有名企業の商号を使うと後に損害賠償請求などを受けることがあります。なので、商号を決める際には一定のルールに従う必要があります。しかし、依然と比べて、割と自由に付けられるようになりました。その中でもカタカナやアルファベットのお客様が多いような気がします。

決めるポイントの一つに、従業員や取引先にも使いやすいものを選ぶというのも一つでしょう。 かつて商号変更に見えたお客様は、思い入れのあるネーミングにしたが発音しにくく、電話応対などで噛みやすいということで、変更されるということもありました。


インターネットで起業するタイプのお客様は、「キーワード」を商号に入れてしまうという方法も得策です。 会社名で検索エンジンに登録した際に、キーワード入りで登録され、上位表示にも役に立ちますのはもちろん、お客様にとっても何やっている会社か一目で分かるのでおすすめです。


商号の法令上の扱い

・「銀行、学校、行政書士」など法律で使用が禁止されているもの。


商号の税務上の取扱い

特になし


商号の労務上の取扱い

特になし


使える文字など



>>まずは、お気軽にご相談ください(相談料・無料)